LINE@全般について

LINE@はどんなサービスですか?

簡単にいうと、LINEのお店・企業版アカウントです。

『友だち』としてつながることで、お店や企業から一般のLINEユーザーにメッセージを届けることができます。家族や親しい友人・知人との間で広く使われているLINEに届くので、開封・閲覧率も高く、オトクな情報を確実に届けたり、ユーザーとのコミュニケーションに活用されています。

  • テキスト、画像、スタンプ、クーポン、PRページ、リッチメッセージ、アンケートなど、様々なメッセージを送ることができます。
  • 配信日時を事前にセットし、予約配信が可能です。
  • 1:1トーク機能を有効にし、友だちから問いかけてもらうことで、ユーザー(お客)と1対1でトークのやり取りをすることも可能です。
  • LINE内のホームページのようなアカウントページや、ブログのようなホーム(タイムライン)投稿など、広報手段として活用することができます。
関連
LINE@が選ばれる理由
LINE@は無料でできますか?

LINE@サービスの月額費用は、フリー(0円)、ベーシック(5,000円)、プロ(20,000円)の3つのプランがあります。

登録・申請手続きから運用をお手伝いするアイエムのサポートの詳細料金プランはこちらをご確認ください。

LINE@の管理はどのように行うのですか?

LINE@はインターネットに接続されたパソコンのブラウザからPC版の管理画面にログインするか、スマートフォンのLINE@アプリでメッセージ配信など操作します。
ただし、スマートフォンのLINE@アプリでは、全ての設定・配信機能はご利用いただけません。

LINE@アカウントと、運用を担当される方のLINEアカウントを紐づけることで管理画面にログインします。

関連
LINE@アカウントの管理について
FacebookやTwitter等のSNSと連動できますか?

LINE@は、他のSNSとの連動はしていません。

TwitterやFacebookの特徴は、お客さまとのコミュニケーション。毎日更新して、ときには会話をするのが運営のコツです。それによってブランドの認知度を上げたり、ファンを増やすことができます。LINE@の特徴は強力なプッシュ通知。TwitterやFacebookと異なり、開封率の高いメッセージをリアルタイムに送信できます。そのため、頻繁なメッセージ送信はむしろ逆効果。お客さまにとって本当にお得な情報(クーポンなど)を、ここぞというタイミングで送信するのがポイントです。

ブランディングやコミュニケーションが得意なTwitterとFacebook、プッシュ通知が得意なLINE@。どちらもうまく組み合わせてお使い下さい。

関連
メッセージ配信(PUSH配信)
キーワード「SNS」でのサイト内検索結果
iPadでLINE@の管理はできますか?

iPad用のLINE@アプリはございません。
PC用のログインURLでログインは可能ですが、推奨ブラウザではないため、あまりお勧めはできないません。

関連
LINE@アカウントの管理について
フィーチャーフォン(ガラケー)でLINE@の管理はできますか?
フィーチャーフォン(ガラケー)でのLINE@へのログインはできません。PCかスマートフォンでの管理をお願いします。
関連
LINE@アカウントの管理について
LINE@のロゴは利用できますか?
LINE@のロゴやアイコンは、「自己のLINE@アカウントを紹介する目的にのみ」ダウンロードし、無償で利用することができます。

例) 店内告知ツールの作成(ポスター等)、HP内告知ページの作成 等

▼LINE@ロゴの利用について(ダウンロード先)
http://at.line.me/jp/logo

また、その際には「LINE@ロゴ利用ガイドライン」の内容を確認の上、それに基づいた利用を行う必要があります。

▼ LINE@ロゴ利用ガイドライン
http://at.line.me/jp/logo-guideline

友だちになってくれた方にスタンプをプレゼントできますか?
現在、LINE@ではスタンプをプレゼントする機能はありません。また、クリエイターズマーケットで作成された自社スタンプについてもプレゼントはできません。スタンプショップで、購入いただく必要があります。

関連
ブログ:LINEクリエイターズスタンプとは?!
友だち追加時メッセージは予約できますか?

予約できません。

友だち追加時メッセージを5つ設定した場合はどのように配信されますか?

一度に5つ配信されます。

プレミアムIDに変更した場合、不規則な文字列の時とプレミアムIDの時とQRコードは2種類になりますか?

今まで(不規則な文字列時)と同じQRコードを使用できます。2種類になることはありません。

プレミアムIDにした場合、今までの友だちとつながっていられますか?

今まで(不規則な文字列時)の友だちと変わらずつながっていられます。

アカウント関連

認証アカウントとはなんですか?

LINE社の審査に合格したアカウントで、アカウント表示名の横に紺色の認証バッジが表示されます。(一般アカウントはグレーのバッジ、公式アカウントはグリーンのバッジ)

申込者の意志確認や店舗や企業が所在しているかなど、アカウントの存在を人的に審査しているため、一般ユーザーも安心して友だちのつながりを持てます。

審査に合格したアカウントは、LINEアプリ内の検索結果で表示されるようになります。また、アカウントページ内の広告やおすすめアカウントを表示にできるなど、審査のない一般アカウントとの機能差があります。

関連
ブログ:LINE@ 一般アカウントと認証済みアカウントの違いとは
複数の担当者でLINE@を運用できますか?

LINE@の管理画面は、運用を担当される方のLINEアカウントを紐づけることで管理画面にログインします。

LINE@アカウントと運用を担当される方のLINEアカウントの紐づけ作業を行えば、フリープランで20人まで、ベーシック・プロプランで100人までログインが可能です。

関連
ログインできるメンバーを増やしたい、減らしたい
運用の担当者ごとに権限を分けられますか?

運用担当者のほか、運用担当者(送信権限なし)、運用担当者(統計権限なし)などの権限に分けて、ログインできる担当者を増やすことが可能です。

関連
ログインメンバーの権限
アカウントはいくつまで作成できますか?
認証済みアカウント
最大104個まで作成可能です。
 
一般アカウント
最大10個まで作成可能です。
 
なお、アプリからアカウントを作成した場合、一般アカウントが作成されます。認証済みアカウントになるには、一般アカウント作成後に審査申請が必要です。