楽しいコミュニケーションを考えよう!LINEワークショップとは?!

こんにちは。アイエム加藤です。

前回、「LINE@」は教育機関でも多数導入されている!?、というブログを書きました。教育機関でも多く導入されていたり、現在、LINEは生活のインフラの一部となっていますよね。LINEを安心安全に正しく利用することはとても重要なことです。LINEに関わるお仕事をさせてもらっているので、悲しい話はとても心が痛くなります。LINE社が出しているLINEを使用するにあたっての”安心安全ガイド”があるのはご存知でしょうか。

LINEワークショップ

LINE株式会社では安心・安全活動の一環として、全国の小中学校、高校における児童・生徒や保護者、教職員を対象としたインターネットリテラシーなどの啓発を目的とした講演活動を行っておられます。

LINEワークショップの3つの特徴

  • コミュニケーションのあり方を「自ら考える」
  • カード教材を用いた「ゲーム要素」のある授業スタイル
  • 「よくある事例」を用いた実践的学習

では、ワークショップ形式の授業はどのようなものなのでしょうか。

周りの人との考え方や感覚の違いを実感させる複数のテーマをもとに、ディスカッションをしながら、子どもたちが自らインターネットとの上手なつき合い方や適切なコミュニケーション方法を考えられるような授業になっているようです。

授業で使える教材を無料配布

ワークショップの実施の成果や内容を検証したものが、教材としてパッケージ化されています。情報系の先生、全国の小中学校、高校の先生方に授業していただけるよう、指導案も視覚化されています。

すごいですね。無料で配布されているんですね〜。カード版やマンガ版があるようです。教材と聞くと、ちょっとかしこまってしまうかもしれませんが、とても、わかりやすそうな教材だな〜と思いました。教材のお申し込みや講師派遣のお申し込みもあるようです。詳しくは、以下、LINE社安心安全ガイドをご覧ください。

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222