LINEが “ホットライン” !? 〜後編〜

こんにちは!アイエムの高橋です。   巷では卒園、卒業のシーズンとなりましたね。 我が娘も保育園の卒園と幼稚園の入園を控えております。 新しい制服を着て、バスに乗って幼稚園に行くことを今から楽しみにしている様子であります。   さて、先日は【LINEが “ホットライン” !? 〜前編〜】 をご紹介しました。 http://line-support1.com/all/linehotline1   今回は【LINEが “ホットライン” !? 〜後編〜】ということで、具体的なホッとラインとしての 使用方法をご紹介していきたいと思います!  

・トークで自分の位置情報を送信する

LINEのトークでは、自分の現在地や待ち合わせたい特定の場所などの位置情報を送信することが可能です。 グループで共有することもできるので、そのためにメッセージで説明しなくてもわかりやすく伝えることができます。     トーク画面でメッセージ入力窓の横にあるボタンをタップします。 メニューから位置情報を選択します。     地図が表示されます。 右下の現在地アイコンを押すとGPSで自分が今いる位置をピンが指します。 目的の場所を指定できたら、この位置を送信をタップし送信となります。 トークに位置情報が送信され、住所などが表示されます。  

・緊急連絡網として「グループトーク」を利用する

LINEのトーク(メッセージ)機能は、複数人で同時にメッセージの送受信をすることができます。

例えば、家族や親戚など、緊急時に協力する予定のメンバーでグループを作っておくと いざというときの連絡網として便利です。 既に一部の学校や地域では、LINEを保護者や家庭同士の連絡網として利用しているところも少なくありません。 相手がメッセージを読むと表示される「既読」の数で全員から返事がなくても伝達状況も把握できます。  

・緊急時の機能を利用する

LINEでつながっている家族や友だちに、災害時の自分の状況を知らせる機能ができました。

大規模災害が発生した際、全ユーザーに表示されるLINEのメッセージから、自分の状況を タイムラインで知らせることができます。   「LINE」という名前の公式アカウントから全ユーザーにメッセージが届きます。 メッセージ内の3つの選択肢から、自分の状況を選んでタップしてください。 タイムラインへの投稿入力画面が表示され、「投稿」ボタンを押せば投稿完了です。   普段、なかなか利用することは少ない機能かもしれませんが、いざという時の為に準備しておくと便利です。 既に皆さんが日頃から利用しているLINEは、今の時代に欠かせないインフラとなっているんですね!  

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!

im_line@
 
 
 
 
 
 
 電話でのお問い合わせ:03-6676-9382 (受付時間:平日10:00~17:00)
インターネットでのお問い合わせ:http://line-support1.com/contact