LINEが "ホットライン" !? 〜前編〜

  こんにちは、アイエムの高橋です。   一昨日の3月11日で東日本大震災から6年が経ちました。 テレビの報道でまだまだ復興が進んでいない被災地の現状を知りました。 人々の生活や産業の再生が1日も早く戻ることを願います。   さて、今日から前編・後編に分けて災害などの緊急時に役立つ LINEの機能・関連サービス】をご紹介します。  

LINEは、2011年3月の東日本大震災発生時にはまだ存在していませんでした。
まさに開発途中、震災発生の3ヵ月後の6月にLINEが誕生しました。

 

 
 
 
LINEは、電話回線が繋がらなくてもインターネット回線が繋がる環境があれば利用できます。
「既読」は、相手が緊急事態で返信できなくてもメッセージを読んだことが伝わる為の機能だそうです。
“ホットライン”としても使えるようにという想いを込めて、「LINE」が立ち上がりました。
LINEは、今の時代に欠かせないインフラなんですね!
現在では、首相官邸や多くの地方自治が続々とLINEを導入しています。
 
次回は、具体的な【LINEの機能・関連サービス】や活用方法をご紹介していきます!
 
 
 
 
 

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!
im_line@
 
 
 
 
 
 
 電話でのお問い合わせ:03-6676-9382 (受付時間:平日10:00~17:00)
インターネットでのお問い合わせ:http://line-support1.com/contact