店舗が多いから LINE@は1アカウント?

こんにちは!アイエムの佐藤です。

先週末 ジャパンゴルフフェアにアイエムが出展! 
佐藤もお手伝いに行かせていただきました。
あちらこちらで日本語以外の言葉も飛び交っているような状態で、思わずタジタジっとなりました。
英語、中国語、韓国語などなど、グローバルだな~と驚きました。
アジア圏はゴルフ人口が多い中、日本製品のゴルフグッズは人気があるとの事で海外からもバイヤーがいらっしゃるとの事でした。
写真の二人はアイエムのブースに座っていたのですが、海外の方からも大人気で皆さま写真を撮っていかれてました。
ちなみに、この二人が持ってる富士山のCDは、アイエムから発売されている富士山のゴルフマーカー4枚入りになります。
ケースに写っている富士山は、片方は静岡県側から、反対側は山梨県側から写した富士山となっているとの事、説明を受けるまではそんな凝ったケースの写真だとは思ってもいなかったので思わずブログに書いてしまいました。

ジャパンゴルフフェアでお客様から聞かれた質問の中に。。。
店舗が多いから管理が大変そうだし、費用もかかるからLINE@のアカウントは1つにしたいんだけど、どうかな。。。というものがありました。

確かに ブランドアカウントとして1つのアカウントだけを作成するという事は出来ない事はありません。
ただ その前に考えて頂きたいのが、そのLINE@のアカウントを作成するにあたって何を目的にするのか。。 
ここさえぶれなければ大丈夫です。
非常に多いケースが、LINE@をしているうちに各店舗の特徴、特色を伝えたい、今回はこのお店でしかイベントをしないから告知はどうしようか。。。など運用し始めると欲が出てくるものです。
あれもこれもと考えているうちに、せっかく登録してくださったお友だち = お客様からここのお店の情報がよく来るけど、私の近所のお店の情報が来ないな~ ここだと私は行かないから。。。とブロックされる要因になったりする可能性。。。否定できません。 
もし お店毎でアカウントがあり、お友だち=実際に店舗に来店される方であればお店発信の情報は必ずお客様の心を捉えます。
そもそもLINE@は、お客様とお店を繋げるツールであって、その手段としてメッセージ配信やクーポン、スタンプカードがあると考えて頂いた方がぶれずに運営しやすいかもしれません。 

でも、私一人でそんなたくさんのアカウント 管理出来ません!( ;∀;) とおっしゃる担当者様。。。
アイエムのサポートチームがもちろんお助けしますが。。。次のブログにもヒントが。。。

引き続きよろしくお願いします。
http://line-support1.com/blog/line_case/line_manyaccount

 

 

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222