10年後には49%の仕事がなくなるって本当?

こんにちは!アイエムの佐藤です。

今年のゴールデンウィークは佐藤の住んでいるエリアは本当に良い天気でした。
既に 水着になって海で泳ぐ人も見つけちゃうぐらいで。。。( ゚Д゚)
我が家も 公園や浜辺など何かしら外に出ている時間が自然に増えたお休みでした。
今年のゴールデンウィークの思い出は、息子が片っ端から拾ってきたバケツ一杯の貝殻です。
夏まで あともう少し。。としみじみ実感。

ところで、長期休暇が終わって まだ本調子でもないという皆さまへ、いきなりちょっと目が覚める話題かもです。
時々 テレビなどでこんなフレーズ 聞いた事がありませんか? 

10年後には 今の仕事の49%がなくなる
今の仕事が ロボットに取って代わる
「消える職業」「なくなる仕事」はこれだ!

 オックスフォード大学のお偉い先生の論文に 安定職種と思われていた、それも資格がいる職業でも10年後~20年後にはなくなるものがあり、その仕事はロボットにとってかわられる可能性が90%と非常に高い確率で発表されました。それによって、たくさんの人がショックを受けたというものです。

ロボットに取って代わられるのも理由の一つですが、特に日本においては人口が減少傾向にある中で 需要と供給のバランスからその業種の人が多すぎて淘汰されていく事もあるともありました。

私には まだ幼い息子がいるので息子が生きる未来は大丈夫?と不安になります。息子が無邪気に、「ぼくは将来 〇〇になりた~い」と言っているのを聞きながら、その職業はこの子が大人になったときにあるのかしら。。。と思わず考えてしまう事もあります。

でも いろいろな記事を読んでいくと 確かになくなる職種もあるけれど、新しく出来る職種、産業があるよ!という内容もありました。アメリカでは iPodの普及で 大きなレコード会社が倒産した話は有名ですが、その代り音楽はiPodでダウンロードして聞くのが当たり前になりました。本屋さんは、Amazonという形に移行しつつあり、任天堂のゲームはモバイルゲームに変わりつつあるという所でしょうか。。。

その中で LINE@も ある意味新しいもの、アイエムでの「LINE@のサポート」というこのお仕事も新しい職種に入るのかなと思ったりしました。
数年前までは LINEというもの事体なかったことを考えると、すごいですよね。この当たり前度!
いろいろな事を機械やロボットが代わりにしてくれるという事も確かに増えていきますが、それだけに 人と繋がっていきたいと思う気持ちはずっとあるものだと思います。LINEは 個人と個人、LINE@は お店とお客様を繋げてくれる新しいツール、仕事がなくなる~と悲観するより 新しい事に常にワクワクしていきたいと 改めて思いました。

LINE@のことをもっと知りたいという方はこちらもぜひお立ち寄りください。(o^―^o)
▼▼▼▼
http://line-support1.com/blog/line_what/line_now

 

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222