LINE@と公式アカウントの違いとは?

こんにちは! アイエムの高橋です。   いよいよ仕事始めという方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?  
今年のお正月も連日の宴でだいぶ肥えた気がしますが、、、笑
家族や親戚、友人と過ごすことができ、良い年明けとなりました。  

さて、本日はLINE@と公式アカウントの違いについてご紹介したいと思います!
LINEのビジネス用アカウントには『LINE@』と『公式アカウント』があります。  

基本的なサービスは同じ?

LINE@も公式アカウントも、実は基本サービスはほとんど同じなのです。

  • クーポン配信、情報配信
  • プッシュ通知機能 ・ホーム、タイムライン投稿
  • ユーザー(お客さん)とのコミュニケーション  

大きな違いはコスト!

公式アカウントはコストがかなり高いです。 一方で、LINE@は無料/月~と手軽に始めることができます。
【公式アカウント】

  • 初期費用(エントリープラン):800万円~
  • 月額費用(継続プラン):250万円~ ・オリジナルスタンプ配信費:2,000万円~ 【LINE@】
  • 初期費用:無料 ※代理店サポートなしの場合
  • 月額費用:ベーシックプラン5,400円/月、プロプラン21,600円/月  

公式アカウントの特性

「LINEからの集客できる」という点です。
企業の無料ダウンロードができるオリジナルスタンプは公式アカウントでできるサービスです。
このLINEスタンプによる集客力は圧倒的なものがあります。

「新商品(サービス)をとにかく多くのユーザーに知ってもらいたい」 「LINEの爆発的な集客力を利用したい」という企業には公式アカウントが最適です。 コスト面を考えるとやはり大手企業向けにはなります。  

LINE@の特性

LINE@は「実店舗」に特化しており、飲食店や美容サロンなどが積極的に導入しています。 最近ではECサイトなどWeb企業の導入も増えており、「友だち限定」のセールを開催するなど 売上を伸ばしている企業も出てきています。

また、今まで取得していたメールアドレスをLINEの友だち登録に切り替えるだけで、 開封率が低かったメルマガ配信の反応率を改善することもできるのは大きなメリットです。 運用次第で既存顧客とのコミュニケーションやリピート施策にも有効的です。    

公式アカウントとLINE@、どちらを選ぶ?

「クーポンを配信したい」「キャンペーンの告知をしたい」など、基本的なサービス配信であれば、 LINE@で充分です。 「友だち(お客さん)」とのコミュニケーションも集客も費用をほとんど掛けずに運用できます。
ブランディング重視で「スタンプを作りたい」「大多数のLINEユーザーにリーチしたい」場合は、 LINE集客ができる公式アカウントがオススメかもしれません。  

 まずは導入にコストが掛からないLINE@から始め、成功パターンを掴んだ後 公式アカウントにチャレンジする企業も多くあります。 無駄なリスクも軽減できて良いのではないでしょうか。    

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222