LINE@で使おう!思わず食べたくなる!?写真撮影のコツとは.PART2

こんにちは アイエム戸田です。

先日は、私のウーン歳の誕生日でした^^
大人になると、他の365日と大差ない一日ですが、 子供達が可愛らしいお花をプレゼントしてくれました。
息子は「何で僕にはないの?」とボヤいていましたが・・・・。 いつか、貴方はお花をプレゼントするような男性に成長するんだよ!と 心から願った、いつもと変わらない一日でした。  

 

さて、本日も、前回に引き続き写真撮影のコツをお伝えしていきたいと思います。

先ずは前回の復習から♪
①背景に気をつける

②思い切った構図をとってみる

以上の2つでした。  

 

今日は、明るさ(光)について書いてみたいと思います。
大切なポイントは・・・・

 

③自然の光で撮影する。  

お料理の写真は、何といっても美味しそう!と 思われないと意味がありません。 お店の中で撮影する時に気をつけたいのが光の種類です。 皆さんも経験があるかも知れませんが、 蛍光灯の灯りは青白くせっかくのお料理が 暗く冷たく見えるので、避けましょう!
出来れば、窓際の席で、自然光・・所謂、太陽の光の下で 撮影してみてください。
明るい場所で、撮影すると、みずみずしさや、お料理の照りが とても良く表現される筈です!とっても美味しそうですよね!

 

    ④明るさが足りないかな?と思っても諦めないで!
  どうしても、明るさが足りない場合、 そんな時でも、カメラの露出機能を使って、 写真を明るく撮影する事が可能です!


  先ずは、下の2枚の写真を比べて見てください。

これ、実は同じものを、同じ場所で撮影した写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、iPhoneのカメラで露出を変えずに撮影した写真
下の写真は、iPhoneのカメラで露出を上げて撮影した写真

 これが本当に同じカメラで同じ場所の撮影?と 疑いたくなる程違うのです!
陰影もはっきりして、何故かおしゃれに見えませんか? ※因みにこれは、我が家の0歳娘のおもちゃです!

 

  カメラによって、露出を変更する方法が違うので、 ご自分のカメラでぜひ試してみてください。

 

それでは、本日はここまで。 こちらもご参考にどうぞ!

LINE@で使おう!思わず食べたくなる!?写真撮影のコツとは.PART1

http://line-support1.com/all/photo   

 

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222