認証済みアカウントと一般アカウント

みなさんこんにちは。  

アイエムの石山です。

 
今日は質問でよくある、

認証済みアカウントと一般アカウントの違いについてご紹介していきたいと思います。

 

LINE@一般アカウントとは?

 

  LINEの個人アカウントとは別に、

お店の集客や販促などに活用出来るアカウントです

 
個人、法人、問わず誰でもLINE@のアプリ上から取得出来ます。  

 

認証済みアカウントは審査が必要ですが、一般アカウントは審査が不要なので  

LINE@のアプリをダウンロードしてすぐにご利用いただけます。

 

認証済みアカウントと一般アカウントの違いとは?

 

  ①認証済みアカウントと一般アカウントの大きな違いは、

LINE内検索結果に表示されるか、されないか、です。

 

 

  認証済みアカウントの場合、

GoogleやYahoo!などの検索結果にも表示されるため、  

LINE内でしか表示されない一般アカウントに比べ、集客効果が期待出来ます。  

 

但し、認証済みアカウントはLINE社規定の審査に通過する必要があり、  

実店舗またはECサイトであることが条件のひとつとなります。  

 

②お店とお客様がLINE上で1対1の双方向のメッセージのやりとりが出来る「お店トーク」の有無。  

 

③アカウントの取得可能数。  

 

④認証済みアカウントは管理画面からQRコードが入ったポスターの作成やノベルティ発注の機能がありますが、一般アカウントにはありません。   

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222