紙のカードとはおさらば!?ショップカード機能

  みなさんこんにちは。   アイエムの後藤です。  

 

3月20日は春分の日でしたが、春分の日はその年によって日付が違うらしいですね。

 

太陽が「春分点」というところを通る時間の日を春分の日としているので、

うるう年のようにずれが生じるそうです。

 

ちなみに来年の春分の日は3月21日水曜日とのことです。    

 

LINE ショップカード機能

 LINE ショップカード」機能とは

 

LINEアプリ内でのポイントカードを発行することができる機能です。

発行はPC・スマホのLINE@アプリ内どちらからでも作成管理が可能です。  

 

 

 

 

 

 

▲デザインは10種類  

 

ポイントは、専用のQRコードを印刷し、来店客にスマホで読み取ってもらうことで付与することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲印刷してレジ近く等に掲示します  

 

できること

  このショップカードでできることをご紹介します。

 

・付与ポイント数の設定

「雨の日はポイント2倍」等のサービスにも対応することができます。  

 

・ランクアップカードの作成

頻繁に利用してくれるお客さまに、さらに豪華な特典つきのカードを作成することができます。  

 

・統計管理

カードの利用状況やポイントの付与回数を管理、出力することができます。

紙のポイントカードでは難しい費用対効果の確認がとてもしやすいです。

 

・ショップカードのリンクの共有

ショップカードのURLを取得でき、それをブログやLINEのタイムラインに掲載することができます。

来店したことがないお客さまにもショップカードを配ることができ、 来店のきっかけとすることができます。      

 

 

 

店舗側のメリットとして、

・印刷費用がかからない

・特典内容を変更できる

・LINE@の友だち増加にもつながる

 

 

利用者側のメリットとして、

・ポイントを簡単に取得できる(店員にカードを掲示する必要がない)

・カードを持ち歩く必要がない

 

 

ざっと挙げてみましたが、

他にも紙のポイントカードに比べて、様々なメリットがあるかと思います。

 

ショップカードを利用している店舗は、LINEアプリ内メニューの「LINEショップカード」アイコンから検索することができます。        

 

この機能、店員さんに

 

「ポイントカードお願いします」

 

と出すのがなんとなく億劫になってしまう自分としてはもっと普及して欲しいものだと思っています。

 

ショップカードに関するお問い合わせもお気軽にアイエムまでどうぞ。

 

 

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!

im_line@
 
 
 
 
 
 
 電話でのお問い合わせ:03-6676-9382 (受付時間:平日10:00~17:00)
インターネットでのお問い合わせ:http://line-support1.com/contact