「LINE@」1対1トークを販促に活用!

  こんにちは。アイエム加藤です。
先日、約束していたお茶会がインフルエンザの為延期となったのですが その時の連絡方法が「メール」で届きました。 わたしは「メール」に気がつかず、「LINE」で到着が遅れる旨連絡したところ 「メール」で延期の連絡きてるよ、と。 「LINE」のチェックはするけど、「メール」をチェックするという 習慣がなくなっている自分に気がつきました。 ひと昔前は、メールアドレス交換だったのが 今は、メールアドレスではなくてLINE交換が当たり前ですよね。

  !LINEあるある! LINE始めたらメールは使わない。 アドレス交換よりLINE交換。   もはや、LINEは日常生活になくてはならないものだな〜と痛感しました。  

LINEのトークを販促に活用してみませんか。

ユーザーと1対1で会話が可能となるのが1:1トークです。
電話やメールよりも日常的にLINEトークの方が気軽に問い合わせしやすく 企業側も個別対応できるというメリットがあります。 1対1トークを活用して問い合わせの増加や成約につなげた事例があります。

ある高級車メーカーは、なんでも気軽に問い合わせしてもらえる窓口として 1対1トークを活用されています。 お客様からいただくメッセージの内容は、イベントが終わった後のプレゼントのお礼など 何気ないものだけど、これまで問い合わせがなかった層のお客様から 問い合わせいただけるようになり、問い合わせ数が増加されたそうです。 実際に高級車を扱うお店に電話をかけたり、メールを送ったりするのは 敷居が高いと感じられることが多いようですが、LINE@の1対1トークだと畏まらずに 気軽に問い合わせいただけるのですね。  

また、イベント開催時には、「またイベントやるの?」 「LINE見てきたよ!」など、気軽に話しかけていただけるようになったそうです。 このように、お客様との距離がぐっと縮まることで成約につながるきっかけになります。  
配信するメッセージは、1対1トークでなるべく返信いただけるような 文章の作成を心がけておられます。 配信するほうが硬くなりすぎると、お客様も返信しづらいため、 柔らかいトーンで見出しに伝えたいことをできるだけ簡潔にまとめて そこから説明を補足するようなイメージでメッセージを作られています。  
このように1対1トークを活用することで集客アップにつながることもありますので 活用をご検討してみてください。  

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222