LINE@でたくさんあるアカウントの管理術

こんにちは!アイエムの佐藤です。
最近、物忘れが激しく、自分でも情けないな~、年かな~と思い悩んだりするのですが。。。
その時、幼い息子がしみじみ。。。「ママはドリーなんだね。他の事は忘れても大丈夫、家族の事は忘れないから」と慰めてくれました。ドリーとは ディズニー映画に出てくるお魚のキャラクターで、直ぐになんでも忘れるという青いお魚の事です。ほっこりしてよいのか迷いましたが、落ち込みました。( ;∀;)

前回のブログで 店舗が多いのでLINE@のアカウントは1アカウントにしたいというお問合せについて書かせていただきました。
▼▼▼▼
店舗が多いから LINE@は1アカウント?


その続きになりますが、十数店舗ある場合 アカウントを店舗分持つと担当者様が初めに思いいたる悩み・不安は。。。
① 管理が出来るのかな
② 全て違う内容で配信が出来るのだろうか
③ それぞれアカウントを持つ意味を、存在意義を作る事が出来るのかな

という感じでしょうか。
ここで 参考までに十数店舗あるお店を管理を担当されている方のお話です。
なぜ 十数店舗あるにも関わらず、全てのお店のアカウントを持つことに迷いがなかったのかというと、
①店舗によってお客様のターゲット層が違う ②ショップの構成が違う という事が大きな理由だったの事です。
各店舗の特色が出せるようにするには、それぞれでアカウントを持つしかないと考えていたとの事でした。
では、管理はどのようにされているかというと、アカウントを開設した数ヶ月は、本部で担当・運用をしていくのですが、その間に各店舗の担当者様に研修をして頂きます。
そこで LINE@アカウントの使い方・注意事項だけでなく、導入する目的、意識を共有していきます。
その後、各店舗の担当者様に運用は基本お任せしますが、ここでほったらかしではさすがに続きません。
半期に1度ぐらい、研修で集まる機会を利用して LINE@の運用についても話し合う機会を作るようにして頂いているとの事です。
この時に LINE@の配信方法やお客様に喜ばれる配信内容をレクチャーなどをします。 
しかし、ここで一番大切にしているのが、各店舗の担当者様から効果的な活用法を発表していただき、他店舗の活用法を知って共有する事により、店舗担当者様がLINE@の利便性や簡易性を改めて感じる事が出来るという事でした。

たくさんあるアカウントを管理される事は、決して簡単だとは言いませんが思うほど難しい事でもありません。
各店舗の方と協力し合いながら、お客様と繋がっていく楽しさを共有できる事を楽しんで頂ければと。。。

そんなお手伝いをアイエムはしていきたいと思っています。

 

 

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222