いろいろな業種で使えるぞ LINE@→カーディーラーバージョン(続編)

こんにちは! アイエムの佐藤です。
さて いろいろな業種で実際 LINE@をご活用いただいている事例を ご紹介させて頂いています。
前回が プラネタリウムの話で ほとんど終わってしまったので。。。。

 

本題のカーディーラーでのLINE@活用術のご紹介を続けてさせて頂きます。
まだ 前のパートを読んで頂いていない方は こちらからどうぞ。。。  

いろいろな業種で使えるぞ LINE@ → カーディーラーバージョン

 

カーディーラーでのLINE@活用術とは。。。

車を買い替えようかな~と考える人、ほとんどの方がされると思いますが、事前に 興味のある車の情報を集めますよね。
始めは 車のメーカーのHPを見たりしているうちに 車種、メーカーがだいたい絞れてくると 家の近くのカーディーラーの情報を集めたくなり HPを検索したりしますよね。
そのHPに LINE@のお友だち登録のバナーが貼ってあって 店長さんに1:1のトークで お気軽にお問合せ下さい。
なんて 書いてあったら。。。

お友だちとして登録する自分の情報は (本名、住所など) お店側には伝わらないのが LINEの特徴!
もし 購入しなくても しつこく営業電話や ダイレクトメールが くることはありません。
その安心感からか お友だち登録された方から お問合せを気軽に頂けるようです。
もちろん ここで重要なのは カーディーラー側のLINE@アカウントの基本設定の中にある 「1:1トークモード」を有効にする事!
そうすると。。。 顔をみて話すより いろいろ深くお問い合わせを 頂けるようです。
例えば 顔をみてだと なかなか伺いにくいご予算だったりも。。。
LINE@のトークモードの中では さらっと聞けたりするようです。
何回かやり取りを経た上で、 では お店に行くかも。。。
という話になるものの 本当に来て頂けるか不安になりながら お待ちしていると お約束したお時間に ご来店いただき、無事 ご成約!
という流れになることも。。。  
実は、登録された方としては 事前に店長さんから 直接情報を頂いているという安心と信頼から、ほとんど心が決まった状態でお店に行く事が出来る。
お店側としては 既にお客様のご希望、ご要望を伺えている事から お話がスムーズに進む事が多く、 ご成約の確率がお電話やメールでのお問合せより 遥かに高く、実際に使い始めた店長さんも びっくりしているとのお話でした。

ここでのポイントは 店長さんが直接返事をされている という事かもしれません。
忙しくてそんな返事が出来ず、かえって失礼になるのでは。。。 とお考えの店長さん。。。そこが LINEの特徴!
相手も LINEをよくわかっています。
万が一 商談中にLINEのトークモードでお問合せが入っても、 その日に、商談が済み次第、一言。。。 商談中だった為 ご返信が遅くなり失礼しました。。。 という言葉を添えることによってお客様はご理解くださいます。  

お友だちを増やして クーポンを配信するだけが LINE@ではない、
こんな活用方法もありますよ!という ご紹介でした。  

 

 

 
 
 
 

 

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222