LINE@の使い方!「メルマガ」「Twitter」的に使える!?

  こんにちは。アイエム加藤です。 前回、LINE@の具体的な7つの使い方!をご紹介しました。 今日は、1つ目の「メルマガ」「Twitter」的に使える、について 詳しくお伝えしたいと思います。  

LINE@はメルマガ的に使える?!

スマホの場合、メールよりもアプリ経由でメッセージのやりとりが増えています。 そのため、メールアドレス向けにメルマガキャンペーンなどの告知をうっても 以前ほど響かなくなっています。

また、企業のFacebookページも似たような機能ですが 記事のリーチ数は全体のファン数の20〜30%程、 アクションが起こるのは1〜3%となっているそうです。

それに対して、 LINE@はプッシュ通知で一斉に情報を配信でき スマフォの画面にも必ず表示されるため メッセージの開封率はとても高いです。 このように、LINE@はメルマガのような使い方が可能です。  

LINE@は「Twitter」的に使える?!

Twitterの特徴は、お客様とのコミュニケーション。 毎日更新して、時には会話をするのが運営のコツです。 それによってブランドの認知度をあげたりファンを増やせます。 タイムラインやニュースフィードに表示される情報は お客様がいつも見てくれているとは限らないので その分、担当者にはこまめな更新が求められます。

では、LINE@はどうでしょうか? LINE@の特徴はプッシュ通知。 Twitterとは異なり、開封率の高いメッセージを リアルタイムに送信できます。 そのため、頻繁なメッセージ送信は逆効果になります。 お客様にとって本当にお得な情報を ここぞ、というタイミングで送信するのがポイントです。 プッシュ通知は使い方を間違えるとマイナスの効果を生んでしまいます。 アカウントブロックにつながります。 メッセージは量より質が大事です。
ブランディングやコミュニケーションが得意なTwitterやFacebook、 プッシュ通知が得意なLINE@、 うまく組み合わせて使ってみましょう。   具体的には・・・ レンタカーを取り扱う会社のアカウントでは、 以下3つを組み合わせて運用されています。 その際に、それぞれの特徴を活かした配信を心がけていらっしゃいます。

  • メルマガ → 配信可能な文章量を活かして詳細な内容をお送りする。
  • Twitter → 文字数に制限があるため、必要な事を端的に伝える。
  • LINE@ → メルマガに比べて、より親しみを感じてもらえるような フレンドリーなイメージでお送りする。   皆さまの運用のヒントになれば嬉しいです。  

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222