業種別LINE@の使い方:美容院編

こんにちは。アイエム加藤です。
先日、LINE@を活用している美容院を見つけました。
飲食店などではよく見かけるようになりましたが美容院などでもLINE@が浸透してきているのですね。
本日は美容院でLINE@がどのように活用できるかについてご紹介したいと思います。

実例1)本日限定・明日限定などのクーポンなど「空き席」を埋める

「空き席」が多い月や、キャンセルが続出して、「午前中の予約が突然スカスカに」なんてことありませんか。こんな時に使えるのが「本日/明日限定」等の超・短期型クーポンの発行です。

    クーポン発行例
  • 本日カラー予約のお客様にトリートメント無料サービス
  • 明日のみ!併設エステのフットマッサージ無料サービス
  • 本日×時までにご来店可能な方、施術料10%OFF

実例2)カットモデルやモニターの募集もLINE@で

カットモデルやトリートメントモデル、また新人スタイリスト育成のために無料モデルを募集する機会があると思います。そんな時、「LINE@」なら、登録してくれた「友だち」に一斉送信でモデルの募集の呼びかけが簡単に行なえます。

実例3)アンケート機能でサービスを向上

「リサーチページ」を活用すれば、店舗サービスに対するアンケートや人気ヘアスタイル投票等で顧客の声を集めるのも簡単です。回答数が多いと嫌がられる場合もありますが、LINE@のアンケートはシンプルで簡単に回答できるのが魅力です。また、回答してくれた友だちに、クーポンをつけることもできるので、回答数も高くなる傾向があります。


メリット:ユーザとの「密なコミュニケーション」が顧客の獲得にピッタリ

「LINE@」での1:1トークの内容は、Twitterのリプライのように第三者に対して公開されません。そのため「友だち」になったユーザーはスタイリストに対して、比較的気軽に質問ができます。ユーザーとスタイリストの距離を一気に縮められ、信頼関係を築けるツールとして利用できます。

注意点:クーポンの多発に気をつけましょう。

クーポンの頻発が「クーポンの時だけ来る顧客」ばかりを呼び込む可能性も考えられます。クーポン配布の頻度は週1度~二週に1度程度に抑える、人数制限を設定する等工夫をしましょう。

LINE@のことなら、正規代理店のアイエム株式会社!

集客サポートのご相談受付中!(電話受付時間:平日10:00~17:00)

メールフォームでお問合せ 電話:0120-175-222